イククルにサクラはいない!アプリに潜む業者の特徴と見分け方を解説

イククルにサクラはいない!アプリに潜む業者の特徴と見分け方を解説

マッチングアプリを利用する上で、どうしても気になってしまうサクラの存在。この記事ではイククルにサクラがいるのかどうか、また、どうやって見分けたら良いのかについて解説します。

先に結論を言うと、イククルにはサクラはいません!しかし業者には気をつけなければいけません

この記事を参考にして業者について学び、安全にイククルを利用してください!

イククルにいるのはサクラではなく業者!

h2「イククルにいるのはサクラではなく業者!」
イククルにサクラはおらず、業者がいると言いましたが、サクラと業者の違いとはなんでしょうか?

サクラと業者の違い
サクラ 業者
主体の違い

運営に雇われたユーザー

運営と関係ない個人や団体

目的の違い

他のユーザーに課金を促す

金銭・個人情報を奪ったり、勧誘を行なったりする

サクラと業者の違いは簡単には主体と目的の違いの2つです。

サクラの主体は、アプリの運営に雇われた女性ユーザーです。彼女たちの目的は、男性との会話を長引かせることでポイント購入を促すことです。
ただし、サクラはイククルにはまずいないと考えて良いでしょう。

イククルは会員数1500万人を抱える大手のマッチングアプリです。そのため、そもそもサクラを雇う必要がありません。むしろサクラを雇う方がお金がかかってしまいます。
また、アプリ運営は、サクラを雇うことで詐欺に問われることもあるので、リスクを避けるためにも、サクラは雇っていないと考えて大丈夫でしょう。

業者の主体は、運営とは関係のない個人や団体です。業者の種類は様々ですが、主な目的は男性ユーザーを騙して金銭や個人情報を取る、宗教やビジネスの勧誘を行うなどです。こちらはイククルにも一定数存在するので注意が必要です。

この記事ではそれぞれの業者の種類から見分け方まで解説しているので、最後まで読んで正しい知識をつけて、安全にイククルを利用しましょう!

業者がいるということは出会いがあるという証拠

これまでの説明を聞いて「マッチングアプリを使うのが怖い!」と感じた人もいるかもしれませんが安心してください。業者が存在することは出会いもあるということの証拠です!

業者は利益を産むことができる場所、言い換えれば、男性の多くいるアプリに集まります。男性が多いということはそれだけ評判の良いアプリということなので必然的に出会いも多いと言えるのです。つまり、イククルを利用する際は、業者にさえ気をつければちゃんと女性と出会うことができます!

イククルで気をつけるべき主な業者6種類

h2「知っておくべき主な業者6種類」

この記事で紹介する業者は以下の6種類です。

  1. 援デリ業者
  2. 他サイト誘導業者(キャラ誘導)
  3. 連絡先回収業者
  4. 美人局
  5. ビジネスや宗教の勧誘
  6. キャッシュバッカー

まずは、それぞれの特徴や手口について詳しく説明します。

1.援デリ業者

援デリ業者とは、マッチングアプリを使い個人で顧客を獲得しようとする違法営業の風俗です。

援デリ業者のアカウントの裏側には組織がいることが多く、プロフィール作成やメッセージなどは基本的にスタッフが行っています。また、実際に会ったとしても全くの別人がやってくることがほとんどです。

援デリ業者は会う話になると、金銭を要求してきます。具体的には「ホ別(ホテルとは別に)で2、3万円でどうですか?」のように聞いてくることが多いです。こちら側も大人の関係を求めている際に引っかかりやすく、「やれるなら」と会いたくなる気持ちもわかります。しかし、プロフィール通りの女性がやってくることはまずないため、普通の風俗へ行った方が圧倒的に安心でしょう。

2.他サイト誘導業者(キャラ誘導)

他サイト誘導業者とは、メッセージに貼り付けたurlからサイトに飛んでもらうことで、広告代を稼ぐ業者です。女性のキャラクターを演じてサイトへ誘導することから「キャラ誘導」とも呼ばれます。広告代のみならず、飛んだ先のサイトで高額な登録料を請求してくる場合もあるので注意が必要です。

他のサイトで連絡を取ろうと提案し、urlを貼り付けてくるのが主な手口です。女性は基本無料でイククルを利用できるため、純粋に出会いを求めていれば他サイトへ移るメリットはありません。なので、貼られたurlへは絶対に飛ばないよう気をつけてください。

3.連絡先回収業者

連絡先回収業者はその名の通り連絡先を回収することが目的です。主にはメールアドレス、電話番号、ラインなどを聞いてくることが多いです。

業者が入手した連絡先は自社の広告メールの送り先にされたり、他社に売られたりします。その結果、営業メッセージが届いたり、架空請求の電話がかかってきたりすることになるため、個人情報の取り扱いには十分に注意してください。

手口としては、別の場所でやり取りしたいからという理由で連絡先を聞いてくることが多いです。プロフィールに「電話が趣味」などと記載していることもあります。

基本的に個人情報は送らない方が安全です。しかし、業者の可能性が低く、LINEでやり取りしたいとなった場合には、すぐに変更できるQRコードを送るよう心がけると良いでしょう。

4.美人局

美人局は、主に男女が共謀して行います。流れとしては、女性と関係を持った後にパートナーを名乗る男性が現れ、恐喝されて慰謝料を求められます。厳密には業者とは異なりますが、大きなトラブルにも繋がりやすいので注意が必要です。もしも被害に遭ってしまった時には、速やかに警察や弁護士へ相談するようにしましょう。

美人局の主な特徴は、以下の3つです。

  • 女性側から積極的なアプローチをされ、会う日程や場所を決められる
  • 会っている最中は誰かと頻繁にメッセージのやり取りをする
  • 後で言い訳をさせないために、パートナーがいるとあらかじめ告白される

これらの特徴に当てはまっていると感じたら、すぐにその女性から離れることが一番大切です。

5.ビジネスや宗教の勧誘

これらの業者は実際に会ってからや、LINEでやり取りを始めてから勧誘を始めることが多いです。心の距離を縮めてからの方が相手も話を聞いてくれると考えるためです。

主に、真剣な出会いを探している人が引っかかりやすいです。ビジネスも宗教も話に乗ったところで基本的に良いことはないので注意するようにしましょう。

6.キャッシュバッカー

こちらの業者はメッセージのやり取りや掲示板への投稿をすることで換金可能のポイントを得てお金を稼いでいます。無駄に長いやり取りが続く場合はこちらの業者を疑いましょう。

しかし、単純に稼ぎが少ないため、イククルには現在ほとんど存在しないと考えて良いです。頭の片隅に入れておく程度で大丈夫でしょう。

業者を見極めるポイントを3つのコンテンツ別に紹介

h2「業者を見極めるポイントを3つのコンテンツ別に紹介」

ここからはプロフィール・写真・メッセージの3つのコンテンツに分けて業者の見極め方を詳しく説明していきます。

被害に遭うくらいならイククルを使うのはやめておこうと思った人もいるかもしれませんが、ポイントさえ押さえれば業者は案外簡単に見分けることができるので、ぜひ最後まで目を通してくださいね!

1.プロフィールから判別する

h3「プロフィールから判別する」

プロフィールからの判別方法は以下の4つです。

  • 自己紹介の欄が空欄になっている
  • 掲示板への記載が多い
  • アダルトな内容の記載がある
  • 希望する条件の幅が広い

自己紹介が空欄になっている

自己紹介の欄に何も書かれていないアカウントは業者の可能性があります。業者はアカウントを多く作成する必要があるため、一つ一つのアカウントに対して手間をかけることができません。

写真の女性は綺麗なのにプロフィールは手が込んでいないというアカウントは業者の可能性を疑うようにしましょう。

掲示板への記載が多い

イククル 掲示板

掲示板への書き込みを頻繁にしている女性も業者である可能性が高いです。マッチングアプリにおいて、女性は何もしなくても男性からメッセージが大量に来ることがほとんどです。


一般ユーザーであれば、そんな中わざわざ掲示板に投稿して男性を募集する必要がありません。

「今から遊ぼ」の掲示板で男性を募集している女性は業者の可能性が高いので気をつけましょう。web限定の「大人の募集」というアダルト目的の掲示板も非常に危険です。

基本的に、女性に対して「簡単にセックスできるかもしれない」という可能性を感じた時点で業者だと思うようにした方が安全です。

アダルトな内容の記載がある

プロフィールにアダルトな内容の記載があるアカウントは、男性を釣ることを目的としている業者の場合が多いです。中には3サイズやカップ数を記入している女性もいます。

イククル プロフィール
本当に出会いを求めている女性であれば、面倒な男性がたくさんメッセージが来ると予想できるようなプロフィールには設定しません。

希望する条件の幅が広い

業者は相手に望むことの欄を基本的に気にしないに設定しています。

イククル 相手に望むこと
出会いを求めていながら、男性のタイプが全くないというのはあり得ないので注意しましょう。

2.写真から判別する

h3「写真から判別する」

プロフィール写真から業者を判別するためのポイントは以下の3つです。

  • 一昔前の写真やスタンプを使っている
  • 胸を強調した写真を載せている
  • 明らかに美人すぎる写真を載せている

一昔前の写真やスタンプを使っている

プロフィールの写真自体や、使われているスタンプが一昔前のものに感じた場合、そのアカウントは業者である可能性があります。

業者はとにかく多くのアカウントを作成する必要があるため、写真を使い回していることが多いです。そのため、一昔前の写真を使い続けていると考えられます。

胸を強調した写真を載せている

胸を強調した写真を使っているアカウントは業者である可能性が高いです。

イククル 胸を強調した写真
胸を強調した写真を載せる意図は十中八九男性を釣るためです。先ほども書いたように、すぐにやれるという可能性を感じた場合は業者であると考えるようにしましょう。

明らかに美人すぎる写真を載せている

プロフィール写真を見て明らかに美人すぎると感じた場合は、広い画を使っている場合が多いです。

できるだけ容姿がいい人と出会いたいと思うことは悪いことではありません。しかし、プロフィール画像が綺麗だったからといって簡単にメッセージを送ってしまわないよう気をつけましょう。

もし、怪しいと感じた時はGoogle検索にかけてみましょう。100%判別できるわけではありませんが、インスタグラマーやモデルの写真が使われていた場合には、検索に引っかかることが多いです。

3.メッセージから判別する

h3「メッセージから判別する」
送られてきたメッセージから業者を判別するためのポイントは以下の3つです。

  • 長い自己紹介のメッセージが送られてくる
  • 金銭や条件の要求がある
  • すぐに約束を取り付けてくる

長い自己紹介のメッセージが送られてくる

長い自己紹介がいきなり送られてきた場合は業者がテンプレを使ってメッセージしている場合が多いです。

業者は多くの男性にメッセージを送るために会話のテンプレートを用意している場合が多いです。また、何度も会話のやり取りをするのは業者にとって時間の無駄であるため、一回に情報を詰め込んだ長文が送られてきます。

短時間で返信されたのに長文が送られてきたという場合は、テンプレを使用している可能性が非常に高いのでそれ以上のメッセージのやり取りはやめておきましょう。

金銭や条件の要求がある

「最初は不安なので○円だけお願いします。」などと金銭を要求するメッセージを送ってきた場合は確実に業者であると言えます。一般人であれば、会う際に金銭を要求してくることは絶対にあり得ません。会えるならば、と払ってしまわないように気をつけてください。

すぐに約束を取り付けてくる

会話が盛り上がったわけでもないのに、不自然なタイミングで会うことを要求してきた場合は業者の可能性が高いです。実際に会うまで利益が発生しない業者も多いため、強く迫ってくる場合には警戒するようにしましょう。

場所や日時を指定してくる場合には美人局の可能性もあるので実際に行かないように気をつけてください。

業者とトラブルになった場合の対処法

h2「業者とトラブルになった場合の対処法」

もしも、業者とのトラブルに巻き込まれてしまった場合に何をするべきか、以下の3つに分けて解説します。

運営へ通報する

まずはアカウントを運営へ通報しましょう。通報することで同じ業者による被害者を減らすことができます。

イククル 通報

通報する際は上の画像のように、プロフィールの右上にある3つの点のマークから通報することができるので参考にしてください。

メールアドレス、電話番号を変更する

連絡先回収業者に騙されて連絡先を取られてしまった、または業者かわからないが連絡先を渡してしまい、どうしても不安であるという場合は連絡先自体を変更することを検討しましょう。手続きなどが面倒ではありますが、それ以上の被害を防ぐことができます

警察や弁護士へ相談する

不当に金銭を奪われてしまった、美人局の被害に遭ってしまったという場合は、すぐに警察や弁護士へ相談するようにしましょう。1人で悩んでいても問題が解決することはないのでプロに任せることが一番です。

結論:イククルにサクラはいないが業者には注意!

イククルを利用する際は業者に気をつけましょう。業者にさえ気をつければきっと素敵な出会いがありますよ!