セフレとの連絡頻度や話すべき内容を解説!関係性維持のコツや注意点も網羅

セフレ 連絡アイキャッチ

本記事でわかること
  • セフレの連絡頻度と関係性について
  • セフレと連絡を取る目的
  • セフレから連絡が来ない原因
  • セフレと連絡を取る際の注意事項
  • セフレとの連絡を絶つ方法

みなさんセフレとの連絡はどのぐらい取っていますか?

セフレの関係とはいえ、連絡の頻度や仕方によって今後の関係性は大きく変わってきます。

セフレとの関係をこれからも続けていくために連絡の取り方を学んで、今日から意識を変えていきましょう!

この記事では自分に合った連絡の頻度や注意点、連絡の断ち方まで解説します。

それでは詳しく見ていきましょう。

厳選!セフレサイトおすすめTOP3
サービス名 総合
おすすめ度
セックスした
人数
特徴 登録
PCMAXのアイコンPCMAX
4.8
23人 ・いまヒマ機能で、今暇な女性会員を絞ることができる
・男女ともに遊び目的の会員が多い
・アダルト機能が充実している
無料登録
ハッピーメールのアイコンハッピーメール
4.3
17人 ・GPS機能で近場にいる女性と出会える
・業界最大級の会員数
無料登録
ワクワクメールのアイコンワクワクメール
4.2
26人 ・業者が少ない
・「セルフィー機能」により安全性が高い
・無料ポイントがたくさんもらえる
無料登録

セフレへの連絡頻度からわかる関係性

セフレへの連絡頻度からわかる関係性

セフレとの連絡頻度について口コミ調査しました!以下の3つのパターンが多かったです!

連絡頻度に関する口コミ調査の内容

これらの内容について、セフレとの距離感や関係性がどのようになっているのか詳しく見ていきましょう。

連絡頻度が週1〜2回

20代男性

待ち合わせ場所や時間を把握するために、連絡する頻度は週に1~2回です。

30代男性

少し前までは電車で1時間以上の場所にセフレが住んでいたのですが、最近は僕が近くに引っ越したので、週に1回は連絡を取り合っています。内容は事務的なもので、会う前提の連絡をします。

まず、口コミで多かったのが連絡頻度が週1~2回の人です。セフレと割り切っている人が多く、雑談もせずに会う連絡だけするようですね。

やうゆ

個人的には週1〜2回の頻度がベスト!関係性にもよりますが、あまり頻繁に連絡すると、本気にされるか、面倒に思われるかのどっちかなので良いことないです!

連絡頻度が毎日

40代男性

セフレのキープは1日5分の連絡でOK。女性は内容より連絡が来ることが大事だから、毎日定型文+一言で最大5人のセフレを回していました。

20代女性

セフレとは体の相性が良くて離れられない。でも体だけの関係なので、いつも誘い方や誘われ方はテキトー、長いLINEもしない。

セフレと毎日連絡を取る人は、スタンプ1つや短文程度のやり取りをしている人が多い傾向にありました。

相手のプライバシーに立ち入ったり、無駄なメッセージなどをすると負担に感じられるため、気を付けているようです。

やうゆ

毎日の連絡はやはりうざいと感じる人が多いようですね。何事もほどほどに!

月1~2回または半年に1回

40代男性

セフレとはかれこれ3年以上の関係。セフレとはいえ、落ち着いた熟年夫婦のようになっています。お互いセフレは複数いますし、連絡は半年に1回です。会う頻度も半年に1回、もしくはそれ以上空くこともあります。

30代女性

お互いに家庭があるので1か月に1回と決めています。相手は遠くに住んでいて、月に1回こちらへ出張に来るんです。その時が会うタイミングでもあります。本当にセックスだけの関係なので、これ以外の要件では連絡を一切取り合うことはありません。

月1または半年に1回という人の多くは、複数人と不倫関係やセフレ関係を継続しているようです。大人の関係に大分慣れているような、経験豊富な人が多い印象を抱きます。

セフレと連絡を取る目的

セフレと連絡を取る目的

セフレに連絡をするとき、どのような内容で送ればいいのか分からないことがありますよね。そこで、セフレと連絡を取る目的について解説します。

上記の内容について、1つずつ具体的に見ていきましょう。

次会う日時や場所の提案

セフレと連絡を取る目的で多いのは、会う日時や集合場所の提案です。セフレという関係上、会いたくなったら連絡するという人が多いといえます。

予定をLINEで決めるだけでも、セックスへのモチベーションが上がってくるはずなので、積極的に連絡をとってみましょう。

やうゆ

セックスだけが目的ではなく、普通のデートの提案をしてくる人もいます。

セフレの関係性を維持するため

特に用もないのに、雑談目的でメッセージを送ってくる人がいますよね。このような人はただ話をしたいだけでなく、これからの関係性も維持したいという目的があります。

連絡を取らなさすぎて疎遠になってしまうことを回避したいと思い、何気ないメッセージを送ってくるのです。

下ネタを楽しむため

セフレ同士だからこそ盛り上がるのが下ネタトークです。普通の女友達や、親密な関係の人に下ネタの話題を振るのは無理がありますが、セフレなら問題なし。

セックスできない日や、ストレスが溜まっている時に、下ネタトークを送ってくる傾向にあります。

セフレ関係を維持したいのであれば、極力めんどくさがらずに付き合ってあげましょう。

寂しくてかまってほしいから

夜になると急にセフレから連絡がくるなんてこともありますよね。単純にさみしくてかまって欲しいからという理由でメッセージを送ってくる人は多いです。

そんな時は寝るまで付き合ってあげると、相手からの信頼も強くなり、セフレ関係を維持しやすくなります。

友達としての何気ないやり取りを楽しみたい

セックスするだけではなく、友達のように会話を楽しみたいという目的でメッセージを送る人もいます。
セフレは「セックスフレンド」と言うだけあって、友達の延長として考えている人も多いです。そのため純粋な友達感覚で連絡を取る、と言う人もいます。

セフレから連絡が来ない原因

セフレから連絡が来ない原因

セフレから連絡が来なかったり、自分から送っても返信が遅いことってありますよね。原因としては以下の理由が考えられます。

返事が遅くてイライラしたり、心配や焦りが生じることもあるでしょう。ですが、冷静に自分に当てはまる原因を考えて対処していくことが大事です。

やうゆ

セフレから連絡がこない場合、新しいセフレを見つけることで執着を断ち切ることができます。セフレと出会えるサイトはたくさんあるので、ヤキモキせずに新しいセフレを探しましょう!

セフレの関係性に飽きた

単純にセフレの関係性に飽きてしまうという理由から、連絡するのが面倒だと思ってしまいます。毎回同じ人や、バリエーションのないプレイだと飽きやすいです。

このようなケースの対処法としては、あえて連絡頻度を落として焦らしてみたり、もしくは普段とは違うプレイを提案してみましょう。

忙しくて連絡する暇がない

セフレのことを嫌いになったり、飽きたわけではなく、仕事や引っ越しなどで忙しくなったために連絡できない人もいます。忙しい時は、セフレとの連絡は当然優先度が下がります。

焦らず気長に、相手に時間ができるまで待ちましょう。

やうゆ

「大丈夫?」「忙しい?」みたいにしつこく連絡するのはNGです!めんどくさがられて普通に引かれてしまいます。

新しい恋人ができた

相手に恋人ができてしまうと、浮気になってしまうのでセフレ関係を切られることがあります。

また、恋人の方がセフレよりも重要な関係であるため、連絡は後回しにされやすいです。

恋人ともセフレとも上手く付き合いたいと思っている人は、連絡頻度を落としても関係だけはつなぎ止めようとします。

連絡を送って相手から反応があればセフレとしての脈はありますが、迷惑そうだったり、返信がなければ潔く諦めましょう。

やうゆ

無理に深追いするとトラブルになります。そもそもセフレ自体不安定な関係性なので、これくらいは覚悟しておきましょう。

新しいセフレができた

新しいセフレが出来た時にも、連絡の頻度が下がったり、途絶えたりします。この場合、連絡の頻度が下がる理由としては以下の2つの理由が考えられます。

連絡頻度が下がる2つの理由
  • セフレが増えたことによって、相手の性欲を発散するタイミングが分散された
  • 古いセフレに飽きて新しいセフレとばかり会うようになった

こうなったら相手に執着せず、こちらも新しいセフレを作って、「たまに会えたらラッキー」くらいに捉えるのが健全です。

相手に執着しすぎるとお互いにめんどくさくなるので、あくまで「セフレ」と割り切ることが大事です。

やうゆ

相手に執着しすぎるとお互いにめんどくさくなるので、あくまで「セフレ」と割り切ることが大事です。

距離を置きたい

適度な距離感を保つために、あえて連絡頻度を抑える場合もあります。

相手に距離を置きたいと思われるのは、単純に会い過ぎて飽きられてしまっているのが理由です。

このような場合には空気を読んで、深追いせずに連絡を控えましょう。

”セフレ以上”の気持ちを持ってしまうと冷静な判断が出来なくなってしまうため、一時的に関わらないことも大事です。

セフレと連絡を取る際の注意事項

セフレというのは友達以上恋人未満の関係といった微妙なラインなので、関係を保つのが難しいです。恋人以上になりたかったり、友達のままでいてほしいこともあるでしょう。

そういった互いの食い違いからセフレ関係を長続きさせるためには、適度な距離感が重要になります。二人の絶妙な距離感を保つために、普段の連絡で注意すべきことを紹介します。

セフレ関係を続けるために、連絡を取る際は駆け引きできるようになりましょう。

相手に甘えたり、従うだけでなく、自分が優位であることも見せるのもこれからの関係性を続けるコツになります。

自分から頻繁に連絡しない

自分から頻繁に連絡してしまうと、相手から都合の良いように見られてしまいます。

自分から連絡することを控えていれば、相手は「自分のことが気にならないのかな?」と心配して連絡が来るようになってきます。

自ら連絡をするのも必要ですが、やり過ぎると相手に粗雑に扱われてしまうため、あえて受け身になるべきタイミングを見極めましょう。

しつこく連絡しない

しつこく連絡してしまうと、当然ながら相手にウザがられます。また、行き過ぎてしまうとストーカー行為のようになってしまうので注意しましょう。

無意識に自分からしつこく連絡してしまっている場合もあるので、一度相手との過去のやり取りを客観的に見直してみて、しつこく連絡を送ってないか確認しましょう。

恋人以上の関係を求めない

恋人以上の関係を求めようとすると、相手から「重い」と思われてしまいます。「重い」という印象を与えてしまうと、相手から引かれてしまい、セフレ関係を維持しづらくなります。

相手に依存しすぎないためにも、あえて連絡を控えるなどして常に冷静な判断ができるようにしましょう。

急な誘いに即レスでOKしない

急な誘いに即レスでOKしてしまうと、「ただの都合の良い相手」に思われてしまいます。

  • 今日なんかイライラするからアイツで発散しよう
  • なんでも自分のいうこと聞いてくれるから何をやってもいい

このように思われてしまうと、雑に扱われてしまいます。

誘いが来たとしても即答せず、「スケジュール確認するから待って」といったように、あえて焦らす時間を与えることで舐められづらくなります。

やうゆ

ちなみに「〜時までなら空いてる」とこちらから時間を指定するのも、関係性を対等に保つためのテクニックです!

誘いの連絡が来たことを喜びすぎない

上記と同じように、誘いの連絡がきたことに喜び過ぎると相手に都合の良いように思われてしまいます。

自分のことが好きだから、やりたいときにやれると思われてしまい、飽きられやすくもなります。時には素っ気ない感じで振舞うことも駆け引きのコツです。

自分の悩みをセフレに話さない

よく、悩み相談をして恋人のような関係になってしまうというケースがあります。セフレというのは割り切った関係でなければなりません。

軽い悩みなら良いのですが、ややこしそうな人間関係であったり、金銭や心身的な問題には耳を傾けないようにした方が良いです。

相手が相談を持ち掛けてきたときには無難なアドバイスで終らせるようにしましょう。

相手のプライベートや個人情報に干渉しない

相手のプライベートに干渉してしまうと、セフレと割り切っている人は警戒するようになります。

また、干渉した結果相手と打ち解けられたとしても、それをきっかけに好きになられてしまい、恋人関係を意識されやすくなるため注意が必要です。

仲良く話すことも大事ですが、深入りしすぎないように気を付けましょう。

本命ではなくあくまでセフレであることを意識する

風俗に行くような感覚で、思い切ってセフレはセフレだと割り切りましょう。

曖昧な関係になってしまった人でも、セフレと割り切ることで改めて関係性が明確になり、スッキリすることもあります。

セフレの関係である意識付けをしていれば、自然と関係を割り切れる行動ができるようになるでしょう。

セフレと連絡を断ちたいときにすべきこと

セフレと連絡を断ちたいときにすべきこと
「セフレ関係を断ちたい」と思った時に、どうやって関係を断てばいいのか悩む方は多いです。セフレとスムーズに関係を断つための有効な断り方を紹介していきます。

連絡手段を全てブロックする

これ以上の関係を断っても相手が拒んで、あまりにもしつこく連絡してくる場合には全てブロックしてしまいましょう。

断りづらいときでも全てブロックすれば、「関係を解消したい」という意思表示を伝えられます。

やうゆ

LINEやInstagram、X(Twitter)など相手との繋がりがあるものを確認し、全てブロックしましょう!

フェードアウトする

セフレ関係解消をハッキリ伝えず、フェードアウトを狙うのも1つの方法です。相手の連絡に対して徐々に返信する頻度を少なくし、最終的にフェードアウトするのが一番楽です。

察してくれる相手であれば、空気を読んで連絡を控えてくれます。

また相手からフェードアウトして欲しい時は、例えば、自分に恋人がいることを匂わせることで、相手から連絡を控えてくる場合もあります。

やうゆ

「自分は必要のない存在だな」「もう連絡しない方が良いかな」と相手に思わせることがポイントです。

恋人ができたと伝える

匂わせではなく、はっきりと「恋人ができた」と嘘をついてしまえば、関係を断ち切る理由にもなります。

あくまでもセフレ関係であるため、相手も「恋人ができたのなら仕方がない」と潔く諦めてくれるかもしれません。

相手も傷つかず、自分も言いやすいため、有効なセフレの切り方です。

セフレ関係を辞めたいと思い切って伝える

率直に「セフレ関係をやめたい」といえば、相手もわかってくれることがあります。嫌われたらどうしようとためらうこともありますが、変な誤解をされずにすみます。

嘘をついたり、何も言わずに去ってしまうことに心残りがあるなら、相手がなるべく傷つかないような断り方を意識しましょう。

やうゆ

ポイントは、「もう会いたくない」ではなく、あくまで「セフレ関係を辞めたい」と言うことで、相手を極力傷つけずに済みます。

この言葉を相手が勘違いしてしまい、「セフレ関係じゃなくてもいいから会いたい」と言ってきたら、「実は恋人ができたからもう連絡できない」と嘘を言って、無理矢理連絡を断ちましょう。

セフレとの連絡はフラットな関係を築く駆け引きであることを意識しよう

セフレとは上手く連絡を取り合うことで、長期的な関係を維持することもできます。一方で連絡をないがしろにすると、セフレ関係は脆く崩れやすいです。

セフレとずっと良い関係でいたいなら、冷静に立ち止まって、自分を客観的に見直すことが必要になります。本記事で紹介した注意点や連絡頻度を参考にして、上手く距離感をつかんでいきましょう。